スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大阪音楽大学サクソフォーンオーケストラ第23回演奏会。

2008年12月13日 23:59

聴きに行ってまいりました。


大阪音楽大学全サクソフォン専攻生による
サクソフォンオーケストラ。

学生の時、4年間色んなことを学んだ授業の一つでした。

本日のプログラムは、
1.交響曲第104番ニ長調「ロンドン」Hob.Ⅰ-104 / F.J.ハイドン
2.弦楽セレナード ホ長調 作品22 / A.ドヴォルジャーク
3.喜びの島 / C.ドビュッシー
4.交響詩「ローマの祭り」 / O.レスピーギ

(プログラムに基づく表記)


もちろんサクソフォン85名のために書かれた曲などないので、
すべて他の楽器(や編成)の為に書かれた作品を
編曲して演奏するのですが、

「いかに原曲を模倣するか」

という点で大変難しく、多くの引き出しを
必要とするこの編成においての演奏。

まだまだ詰めれる余地は多く残されていたとは思いますがそれはそれ。
学生らしい、非常にエネルギッシュな熱演でした。(特にローマの祭り!)


大学の諸先生方や、先輩方、
またサクソフォンに携わって下さってる
多くの方々にお会いすることができました。

楽しい一時でした。
出演者の皆様、お疲れ様でした!!


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://shinyasaxophone.blog27.fc2.com/tb.php/80-b114a055
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。