スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マウスピース。

2012年02月16日 21:49

昨年夏くらいからの悩みの種。

口元に近いパーツは音色、コントロールに
与える影響が大きいので、大事です。

音色の傾向を決めるファクターにもなるし。。。

割とセッティングをコロコロと変えるタイプなんです。
自分に足りない要素を物で補い、それに合わせて奏法を変える。
それによって得るものも大きかったりするのですが…

今回はただただ定まってないだけ。
迷走してました。。。

パソコンでご覧の方は、プロフィールの下のセッティングの項で、
頻繁に変わってるのをお気付きの方もいらしたかも…^^;

今後ももちろん変わる可能性もありますが…
リードのリアクションの早さや今のアンブシュア、口内の状態と
色々な要素を加味して、今は少し落ち着きました。

ただ、同じ番手でも少し吹奏感が重ための
リードを好むようになりました。

これで噛んでしまうとまた逆戻り。
丁寧にロングトーン、スケールで奏法の定着を図らねば。



…と文字にすると考えが整理できるかなぁ、と。
ほぼ自分用メモですが、ご了承下さいm(_ _)m笑


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://shinyasaxophone.blog27.fc2.com/tb.php/274-fd88048f
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。