スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最近の話。

2009年09月29日 23:59

をまとめて。(長文です)


まず26日、
「若い芽のコンサート」終了致しました!
全体的にはフランス音楽を中心に統一感のあるプログラムで、
良い演奏会だったと思います。
最後、カーテンコールでは全員によるアンサンブルでアンコールに応えました。

個人的には…やりたかったこと、やれるはずだったこと、何一つできなかったように思います。
準備不足、と切り捨てればそれまでですが…
音量・音色のコントロール、表現の幅、ピアノとのアンサンブル、etc....
課題の残る演奏だったと悔いています。

しかし、それはそれ。
もう演奏会は終わってしまったので前向きに、次回に繋げたいと思います!

ご来場くださったお客様、共演者の皆様、大学エクステンションセンターの皆様、
調律の青山先生、ステージマネージャーのおっくん、
何より伴奏してくれたちあっちゃん、
ありがとうございました!


で、27日。
いつもの草津での稼動の後、心斎橋の「トリベーネ」にてヤマハの親睦会でした。

27、28日と東京からサクソフォン奏者の波多江史朗さんがいらっしゃって、
ヤマハアトリエ大阪にてマスタークラスをされており、翌日受講することになってたので
その関係でお誘い頂きました。

大阪音大の井上先生、大阪芸大の辻本先生、奈良でご活躍の新谷さん、
普段からお世話になってる濱田さん・野島さんなどプレーヤーの方々もいらっしゃってて、
波多江さんからもスピリタスのお話を伺ったり、有意義な時間となりました。

話も弾み、酒も進み、楽しすぎて終電を逃し
寝台特急(大阪~京都)→4分で乗り換え(ダッシュ)→ローカル線(終電)
という強行経路で帰るハメとなりましたが…笑


そして、28日。
朝からヤマハアトリエ大阪にて波多江史朗氏のマスタークラスでした。
曲は2日前に演奏した「プレリュード、カデンツァとフィナーレ」。
音色や奏法をはじめ、多くの事に有益なアドバイスを頂きました。
何より波多江さんの無駄のない、洗練された音を間近で聞けたことが大きな収穫でした。

実は私がクラシカルサクソフォンを志したのは
波多江さんのドビュッシーのラプソディがきっかけ。
隠れ大ファンだったんです。

まぁ、その話を「波多江さんにバラしちゃいました♪」てレッスン終了後に
アトリエの石島さんに言われて右往左往するというオチまでついて…笑


という具合で、ここ最近とても充実した日々でした。
のでパソコンに向かう余裕もなく…(^_^;)
ここまで読んで下さった方、ありがとうございましたm(_ _)m


そうそう、11月・12月と本番が入りました。
また詳しく追って報告致します☆


コメント

  1. HN | URL | -

    Re: 最近の話。

    マスタークラスのご参加ありがとうございます!
    有意義な時間が過ごせたようで何よりでしたね。
    そして若い芽のコンサート、お疲れ様でした!
    今後の活躍、こちらからも応援してますよ☆


  2. shinya | URL | TSvGoX22

    >HNさん

    えっと…多分私が思ってる方で合ってる、と思います。
    間違ってたらごめんなさい。。。

    ご無沙汰しております!そちらでのお仕事はいかがでしょうか?
    おかげ様でマスタークラス(も飲みも)大きな収穫となりました。
    ご相談下さったHNさんには感謝感謝です。

    またお江戸に行く時にはご連絡しますので
    うちの子診察ついでにザギンでみ~のしましょう!笑

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://shinyasaxophone.blog27.fc2.com/tb.php/149-0ce3dc1d
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。