スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あれから1年。

2009年01月30日 23:42

「あれ」とは。
大学の卒業試験。
ちょうど1年前の今日が私が卒業試験を受けた日でした。

そっか…もう1年経ったのか。
昨日の事みたいやけど。笑


音楽大学では、卒業試験という形でホールで演奏し、
一般大学でいう卒業論文の代わりとします。
(もちろん器楽学科は、ですが)

卒業を機に音楽を辞め、新しい世界に飛び込む者や、
趣味として音楽を続けながら働く者や、
音楽で生計を立てようとしている者や、
引き続き勉強を続ける者、

色んな人間が、色んな境遇の中で、同じ「節目」という舞台に上がります。

もちろん当時はそんなこと一切考えてなかったですが、(笑)
今思えばあれは通過点であり、また節目でもあったのだなと思うのです。


私の母校でも来週辺りから卒業試験が始まるそうです。
誰からも見に来てくれとは言われてないので聴きに行くのは遠慮しますが…
(まぁ、冷やかしに思われても嫌ですからね。)

各々が様々な思いを抱えて緊張の中、試験に臨むのでしょう。
それまでの過程、努力、思いなど踏みにじるように、無常にもその時は訪れるのです。

少し先を行く先輩から後輩に伝えられることといえば、
「やり残したことのないように、精一杯表現しなさい」
ということだけでしょうか。

後輩たちの頑張りに、期待します。


P.S.
感慨深くなるとついつい説教じみてしまって嫌ですなぁ。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://shinyasaxophone.blog27.fc2.com/tb.php/101-1a63ad86
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。