スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小春日和。

2010年02月25日 23:52

ここ数日暖かいですなぁ。

このまま春になれば良いのに。


しかし、ここ数日4月から始める新しいお仕事の事務作業で
あちこち飛び回ってたので逆にもう少し寒くても良いのに、
なんて思ってました(^_^;)

汗ばむ陽気、とはこのこと。



さて。

本日久々にヤマハアトリエ大阪にて楽器の調整をして頂きました。

最後に行ったのが11月末…。
実に丸々3ヶ月放置です。
これだけ放置したのも珍しい…というか初めて?です。


そら「ひどかった」て言われるわな。
日比野さんすみませんでしたm(_ _)m


しかしながら…調整の整った楽器で吹くのは久々なので←
こんなに響いたっけ?ていうくらい良く響く、鳴る♪
レッスン室に自分の音がいっぱいな感覚は久々でした。

も少しこまめに行かねば…ですね(^_^;)

先日1年点検で硬化したタンポもいくつか変えたので
徐々に慣らしていきたいと思います(^-^)v☆


P.S.
京都→心斎橋→堂島→宇治て
今日の移動距離いくら?笑
スポンサーサイト

日々音楽。

2010年02月18日 00:22

某作曲家のブログに書き込みしたら
「もっと更新してよ~」
と言われたので(笑)近況など。


…といっても普段と変わりません。
いつも通り練習やらレッスンやらしてます。



で、終わらすのはあまりに味気ないので(笑)


最近また新しい曲に取り掛かってます。
GOTKOVSKYの“VARIATIONS PATHETIQUES”。

実は学生時代、卒業試験の候補曲として挙がったんですが、
既に友人が演奏するのを決めてたので、
「曲被るん嫌です」
とワガママ言うて回避した曲でした。(笑)

今度5月に、いつもお世話になってる先輩が
リサイタルのメインプログラムとして取り上げる、
というお話を聞いてやってみよかな、と楽譜を入手。

ゴトコフスキーの作品はコンチェルトといい、音数多いなぁ。。。
これ以上手を痛めないように、ゆっくりから丁寧にさらっていきたいとこです。
この曲もイベール同様、秋口くらいにお披露目できたらいいなと思ってます☆



もう1曲さらってるのは、馨の演奏会で演奏予定のマズランカのソング・ブック。
この方、サックスのこと良くご存知のようで
「不可能ではないんだけど、難しい」ことがたっくさん書かれてます。(笑)


こちらはひとしきり全体像がつかめて、丁寧にさらい直してるとこです。
味付けは相方と相談しながら、かな。
久々のデュオ。合わせが楽しみー♪



で。

家に帰ったらその相方で、馨の代表兼アレンジャーの
ヘニョハロ君から送られてきた楽譜を清書。

まっだまだ残ってます…(-_-;)
今3曲目打ち込み中で(全部で7曲)
あと1/3くらいで清書が1曲あがるとこ。

はよ終わらさなみんな練習でけへーん(T□T)


という訳で作業に戻ります…。


ここんとこ寒いですが、皆さん体調にはお気をつけて!

終了しました☆ ミュージックサロン宇治 第2回サックス発表会

2010年02月12日 23:59

昨日の話で恐縮ですが…

「ミュージックサロン宇治 第2回サックス発表会」
終了致しました☆

私は今年も去年に引き続き司会進行を担当しました。
手元にあんま資料が無くても喋れるってのは特技なんだか何なんだか。笑

他の講師のお二人や受付さん達のおかげでスムーズに進行できました。
こういう発表会はだいたい押しで進行してしまうのが常なんですが、
今回はジャスト!!
も少し小ネタはさむ余裕があったらなぁ…。笑

どの生徒さんも緊張していつも通りできなかったり、
はたまた集中していつもよりよく吹けたり。
でも終わった後の笑顔は皆さん素敵でした。

講師演奏は「A列車で行こう」と「チキン」の2曲。
アドリブ…理論だけ勉強してても実践できないと意味ないなぁ。。。
ちょっとやり方考えねば。

何はともあれみなさまお疲れ様でした!
また来年に向けて頑張っていきましょう(^-^)/!

手が痛すぎて…。

2010年02月03日 23:57

全っ然練習できんかった…。

こういう日は結構凹みます。


んで、最近何を練習してたかって言うと。
ジャック・イベールの「コンチェルティーノ・ダ・カメラ」。
Leduc社の出版楽譜で唯一グレード9(激ムズ。笑)の曲です。

楽譜は高校2年の時、その後レッスンしていただくことになる
大学の先輩に頂いて持ってたんですが、在学中はさわることなく…

今になってちょっとやってみよかな、と練習してます。


近代フランスはどれもそうなんですが、
音運びと色彩感がネック!
アナリーゼしてみても結局無調で経過音、てこと良くあります。

和声の進行が分かってないと吹けないんですよね…こういう曲は。


秋口くらいの本番でお披露目できたらな、と思います。




しかしながら…さらってレパートリーにしておきながら
日の目を見てない曲が山ほどあるなぁ。
デクリュックやノレのフリッソン、クレストンのソナタ、天国の月…

といいながら新しいレパートリー開拓もしてるし。。。

いつかリサイタルでもしてドンっ!と全部お披露目したいものです。笑


P.S.
そんなイベールの楽譜の片隅にはなぜかトトロ。
20100203234803.jpg


癒されます。(笑)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。