スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1年経ちました。

2009年12月26日 23:59

今の相方と出会ってから丸1年が経ちました。

2009年はこの子に振り回されたと言っても過言ではありません。
20081228223204.jpg
ね。YAS-875EXG。

選定直後、たまたまお会いした先輩に、
「2年くらいはしんどいよ~」
て言われた意味がだんだん分かってきました。

でも、それも抜けきって安定してる楽器や
ラッカー仕上げの楽器じゃ味わえない事で。

逆に楽器と対話する時間が増えたことが一番良かったような。
おかげで色々と再確認できたり、見直せたり。


これから2年目。
もっと仲良くなろね。


P.S.
京都、大阪、奈良、滋賀、兵庫、東京…あちこち振り回しもしました。笑
スポンサーサイト

終了しました☆ シティモコンサート

2009年12月25日 23:59

ホンットにあれこれバタバタしすぎて
今月全然更新できてませんが…

年内最後の本番、シティモコンサートが終了致しました☆


シティーモールの中にあった宣伝ポップ♪
20091225162957.jpg
…正しくは「テオフィール」です。笑


暖かいお客様たちにも恵まれて、大変楽しく本番させて頂きました!!
1st、2ndステージともに終了後に聴衆の方から話しかけていただいたりと
お客様たちとの距離も近く、アットホームな感じでやらせていただきました。

数年続いたレギュラーでのシティモコンサートは残念ながら本日にて終了するとのこと。
これだけ根付いたコンサートがなくなるのは寂しいですが、
そのトリをやらせていただいたこと、本当に感謝です。


先月末に変えたセッティングも大分馴染んできて、
割と思うようにコントロールできてきました。
本番でちゃんとできるってことは合ってる証拠です(^-^)



2009年は本当に色んなところで演奏させていただきました。
四条、草津、宇治、長浜の稼動教室をはじめ、レストランでの演奏や
みなとみらい、母校のホール、南港サンセットホールetc....

その締めくくりがこれだけ楽しめて演奏できたことが、
今年1年充実してたことを物語ってるように思います。


一足お先に22日に教室は仕事納めしてましたが、
これにて年内は仕事納めです。

あとはゆっくり基礎の見直しと来年やる曲の練習や
新しいレパートリーの開拓!
まだまだやりたいこといっぱいあります♪


何はともあれ、
京阪シティーモールのスタッフの皆様、
お話を頂いた田久保先輩、
全ての伴奏を弾いてくださった井上先輩、
初協演でしたがこの異色アンサンブルを引っ張ってくれた荒木さん、
そして暖かいご声援を下さった聴衆の皆様、
本当にありがとうございました!!

腱鞘炎。

2009年12月19日 23:36

の話です。

大学3年の冬、リュエフの3楽章に右手首を破壊されて以来(笑)
ずーっと腱鞘炎とのお付き合いが続いております。。。


もう3年目なので割と慣れたんですが、
発症当初はフラストレーションの塊でした。
手が自由に動かないって演奏家としては致命的。。。

構え方とか右手のポジションが良くないって分かってて、
かなり改善したはずなんだけど…
本番が続いて早急に譜面を読まないといけない時、
ついつい力んで痛めてしまうようです。

もともと関節類が弱い私。
この時期になると膝も悲鳴を上げます。(たまにはずれます。笑)


今年の本番はあと一つ。
今年の編曲もあと一曲。

もう少しもってくれよ、マイ右手!!


P.S.
一番辛いのはジョッキが思うように持てないことです。←

終了しました☆ 「Daionコンサート 夕映えの海とともに」

2009年12月13日 23:56

昨日の話で恐縮ですが…

「Daionコンサート 夕映えの海とともに」終了致しました!

今回“クリスマス☆スペシャル”と副題を付けていただき、
おかげ様で超満員のなか演奏させて頂けました☆

自分達でも「冬空によせる三重奏(トリオ)」と銘打ってお送りしましたが…
フルート、ヴァイオリン、サクソフォンのトリオ、楽しんでいただけたと思います♪


ATCの南港サンセットホールは初めて演奏するホールでしたが、
天井も高く、良い響きのホールでした。
舞台がお客さんと同じ高さ、というのも好みに合ってましたし。

残響も長かったので「細かい音符に時間を掛けて」をテーマに挑んだのですが、
テクニック的には今までで一番丁寧な演奏ができたように思います。
また別に課題は残ってるんですけど…。。。


そして、今回の本番では先日導入したVandorenのOptimumを使用しました。
しっかり響くし、鳴るし。もっともっと慣れれば良い感じになりそうです☆



今回一番大きな収穫は調律でいらしてた青山先生からリハ終わりに頂いたアドバイス。
プロ中のプロの方々の演奏に多く携わっておられる先生ならではの、ご助言でした。

サックス奏者同士なら見落としてたかもしれない部分。
ひょっとしたらこのまま気付かずずっと過ごしてたかもしれない部分でした。

それを意識しながら今日もレッスンしてましたが、
ほんの少し、つかめた気がしました。

まだまだ自由な世界が待ってそうです。


刺激的な日々がまだまだ続きます!
年末まで突っ走りまーす!!!



最後に。
ご来場くださった皆様、今回の演奏会のためにご尽力くださった皆様、
そしてメンバーの皆様、本当にありがとうございました!

20091212184207.jpg
終演後メンバーと。
20091212184224.jpg
もう一枚。

20091212163227.jpg
ATCのロビーにあったツリー。
すっかりクリスマスムード。(出演者みんな並んで撮ってました。笑)

12月。

2009年12月01日 23:59

になってしまいました。。。

ここ最近バタバタしております…。


そして間近にせまっております「Daionコンサート 夕映えの海とともに」
まだ仕上がってない譜面もありますが…(-_-;)
関係者各位、申し訳ありませんm(_ _)m


さらに。
本番前だし気合入れて練習してたんですが、
音色やコントロールが気に食わなくなってきて…
一回気になりだしたらもう止まらなくて…


や、今思えば波多江史朗氏のマスタークラスや
オーティス&雲カルの演奏会くらいからうすうす気付いてはいたんですが…

「あんな音が出したい」って。

でも口元のセッティングは音色やコントロールに大きく影響するし、
今までずっとこれでやってきてっていうのもあって、
色々リサーチとか試奏とか葛藤とかした結果…





変えちゃいました―――――(゚∀゚)――――――!!!笑
マウスピースをSelmer S90 170→Vandoren Optimum AL3に。
リードをVandoren 青箱 31/2→3に。
リガチャーをHarrison→BG Tradition L11(GP)に。

いやー。いやいや。
今までの悩みはなんだったんだってくらいコントロールが楽。
pp~ppp域のコントロールのしやすさは思わず笑っちゃうくらいでした。
音色もGood!!太く鳴りすぎる傾向があるのは分かってたので
少しタイトな鳴りの物を選んだのですが、正解でした。


問題は…本番までにリードが仕上がるかなってこと。
まだこのセッティング使うかどうかは決めてませんが…。


結局どうなったか知りたい方は、ぜひ会場にてご確認下さい!

「Daionコンサート 夕映えの海とともに」
↑昨日辺りから発券開始したようですよ~。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。