スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

半年。

2009年06月26日 01:40

昨年の12月26日に今の楽器に出会ってから
早くも半年が経ちました。

あの頃はまだまだじゃじゃ馬だったけど最近はようやく慣れてきて、
言うことを聞くようになってくれてます(^-^)


前の相方と過ごした6年半の歳月。
嬉しい出来事、悲しい出来事、色んな思い出と共に過ごした日々でした。

この子ともこの先、充実した日々を過ごしていきたいと思います☆


しかし…外に出るとジメジメ、室内に入るとエアコンでカラカラの
この時期は楽器にも良くないですね(-_-;)
リードの調子もそれによって変わってくし…

かと言って夏の日差しとか暑いのは大っ嫌いなんですけどね。。。


でも夏の予定もすでに埋まりつつありますし(東京遠征も予定してます)、
まだまだ気合入れなおして頑張ります♪
スポンサーサイト

爪。

2009年06月17日 23:59

「うり」じゃないですよ(笑)
「つめ」。

意外と無頓着な人も多いかもしれませんが、
私は「爪の長さ」をとても気にするほうです。

生徒に指導する時も良くそう教えてますが、
キーは「握る」のではなく「摘む」ように押さえる。

その方が余分な力が入らずに、スムーズに動くように思うのです。


私の周りは割りと「深爪派」が多いように思いますが、
私はそれだと指を立てて「握る」ように押さえてしまいがちになってしまう。

かといって長すぎると今度は力が入らなくなるし、
キーに爪がカチカチ当たって演奏しづらい。

なので私にとって爪の長さはとても重要なのです。


てなわけで今日、稼動会場の講師控室にて
伸びた爪をせっせと切ってヤスリで研いでいると…


「ギタリストみたい」

って“音彩”の両先生にツッコまれました。(笑)

ギターも左手は弦を押さえるし、右手は弦を弾くので
爪の長さは重要なのだそうです。


サクソフォニストも爪が命!

…ちょっと古いか(-_-;)

ブルーな季節。

2009年06月09日 23:59

今年もこの季節がやって参りました。

リード楽器&木製楽器の皆さんがイライラする季節ですね。
ただでさえ京都は高温多湿だってのに…


ヴァイタライザーのパーセンテージ、落とさなきゃ。
(73%→58%)

紹介。

2009年06月04日 23:59

ムシムシ暑いですねぇ。(季節のご挨拶)


あまりにネタがない(笑)+前回紹介した時からちょこっと変わってるので
久しぶりに使用してる機材の紹介をしたいと思います。
(Sax吹き以外の方は面白くないかも…)

・Saxophone:YAMAHA YAS-875EXG
昨年12月に購入。最近ようやくちょっと鳴ってきました。
金メッキらしい音の輝きと響き、ダイナミクスレンジの広さが魅力。
ちゃんと吹きこなせるようにならないと…(T_T)

・Mouthpiece:SELMER S-90 170
今使ってるのは4月末に買い換えたもの。
前のと同様、バンク(上の歯が当る部分)を少し削ってもらって使用してます。
現行のは品番、ロゴがプリントなのですが、少し前の刻印のものです。

・Ligature:Harrison Harts(Original)
3月末に大阪のとある楽器店にて
今や生産終了のオリジナルのハリソンを発見、即購入。
金メッキの残存率は7~8割といったところでしょうか。
めちゃくちゃ良く鳴ります!どこで買ったかは教えません。(笑)

・Reed:Vandoren Trad.31/2(EXT処理済)
これは以前と変わらず。レスポンスが良いです。

・Strap:Breathtaking saxophone strap
ストラップの紹介は初めてですね。
私が大学生のときに開発されて以来ずっと愛用。
肩こりが軽減しましたし、音の繋がりや響きも格段に良くなります。
今や日本のサクソフォン奏者の多くが使用されてますね。

・Case:Bam Trekking Case(Blue)
ケースの紹介も初めて。いわゆるリュック型のやつです。
中~長距離の移動にはクッションもいいし、楽譜も入るので重宝してますが、
ついつい楽譜入れすぎて重くなりがち(肩がちぎれそうになります)なのと、
リュックですから夏場ものっすごく暑いです(-_-;)
なので、サックス型のケースの購入を検討中…。


といったところでしょうか。
私には珍しくなかなかマニアックな記事となりました(^_^;)笑



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。