スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新相棒。

2012年04月28日 13:14

まいどです。
あったかい…と言うよりは暑い日が続きますね^^;


先日、新しい楽器を購入しました♪

前からずーっと欲しかった、ソプラノ。

YSS-875EXHGG☆

通常のヤマハのEXに
最高音の半音上が出るキー(High-G Key)
の付いたモデルです。

High-Gキー付きのモデルって
今まであまり吹いたことがなく…
でも付いてた方が便利やな、と思って。

ありがたいことにヤマハさんに一月ほど、
同モデルを貸して頂けたので、
クセや使い方をつかむことができました♪

貸して頂いたYSS-875EXHG。


音程の傾向もつかめた状態での選定だったので、
良い子が見つかりました☆

開放C♯が低くならず、高音Dが高くならない子なので、
音程取りやすく助かってます^^

このソプラノ、デビューは5月6日!
滋賀でのPMSライブでさっそく使います!
ガンガン吹き込んでいくぜo(^▽^)o
スポンサーサイト

マウスピース。

2012年02月16日 21:49

昨年夏くらいからの悩みの種。

口元に近いパーツは音色、コントロールに
与える影響が大きいので、大事です。

音色の傾向を決めるファクターにもなるし。。。

割とセッティングをコロコロと変えるタイプなんです。
自分に足りない要素を物で補い、それに合わせて奏法を変える。
それによって得るものも大きかったりするのですが…

今回はただただ定まってないだけ。
迷走してました。。。

パソコンでご覧の方は、プロフィールの下のセッティングの項で、
頻繁に変わってるのをお気付きの方もいらしたかも…^^;

今後ももちろん変わる可能性もありますが…
リードのリアクションの早さや今のアンブシュア、口内の状態と
色々な要素を加味して、今は少し落ち着きました。

ただ、同じ番手でも少し吹奏感が重ための
リードを好むようになりました。

これで噛んでしまうとまた逆戻り。
丁寧にロングトーン、スケールで奏法の定着を図らねば。



…と文字にすると考えが整理できるかなぁ、と。
ほぼ自分用メモですが、ご了承下さいm(_ _)m笑

マウスピースとリード。

2011年07月15日 18:14

この時期は吹奏楽部の指導が多いですが、
やはり色々と問題を抱えてる子が多いです…

楽器自体も難ありなものが多いですが、
一番多いのはマウスピースとリードの問題。


例えばヤマハの4CやセルマーC☆、180に
バンドレンの3.5という組み合わせ。
ほぼ確実に重たすぎるセッティングです。
噛みすぎる為弱音でホワイトノイズが入ったり、
ピッチのコントロールが効かなかったり…
高校生なら3番、中学生や体の小さい子なら
2.5でも十分だと思うのですが、
プロは3.5を使う、とか上手い人は厚いリードを使う、
という神話(笑)が根強いみたいです。。。

薄めのリードでもしっかり息を入れれば
ちゃんといい音で鳴らせるし、弱音も楽なのですが…
さすがに高音が低くなるくらいの薄さはアレですが、
それでも口内やアンブシュアで音程を動かせれるようになれば、
非常に自由度の高いセッティングになると思います。

セルマーの170やバンドレンのA17、AL3に2.5のリード、とかだと
逆にコントロールに苦労するとは思いますが…
結局オープニングと理想的なリードの厚さって比例すると思うのです。

私自身、広めのマウスピース(バンドレンA28)に3番ですが、
吹奏感としてはセルマー170に3.5よりも多少重たく感じますし、
2.5のリードでもフラジオのレ♯位までなら問題無く出せますしねぇ。

広めのマウスピースなら多少薄めでもOK、
狭めのマウスピースならそこそこ厚さがないと辛い、という感じかな。

マウスピースのメーカーによっても左右されるだろうし
(セルマーよりバンドレンの方が少し重たく感じます)、
なかなか難しい…というか奥が深い問題です。


たまにはと思い少し専門的な事に触れてみましたが、
結局のところ、生徒にあげてしまうので
手持ちの2.5がどんどんなくなっていきます、ってお話でした。笑

夏はまだまだこれから。
生徒よりも元気に頑張るでっ!

プラスチックリード。

2011年05月31日 21:27


話題のあのリード、使ってみました。
レジェールのシグネチャー。

ちょっと暗いな…
フラッシュたいてみました。

こんな感じ。


3番の薄めが好みなので、23/4を買いました。


まだ1日しか使ってないですが、個人的には良い感じです。

ヘタることもないし、気温や湿気に
左右されないのは本当に安心。
生リード(?)って同じ番手でも個体差があるので、
リードによって吹き方を変えたりすることも少なくないですが、
いつでも状態が一緒なので、その点も楽です。

リアクションや音色もプラスチックとは思えない感じ。
本番で使うかどうかは検討中ですが、
練習で使う分には充分なクオリティだと思います。


少しお値段はするんですが、
もし、番手が合わなかった(もう少し重ため、軽めが良かった)
としても、2週間以内に輸入元に問い合わせれば
1回だけなら交換できるみたいなので、
一度試してみるのはアリかと思います。

…さて、これでリードのせいにはできなくなったぞ。笑
練習頑張ろーっ!

クロード・ドゥラングル サクソフォンコンサート。

2011年05月22日 08:46

昨日の話ですが。

クロード・ドゥラングル氏のコンサート行って参りました。

パリ音楽院の教授が大阪でコンサート!
ということでかなり前から楽しみにしてました。
…の割にチケットお願いしたのは直前でしたが(^^;笑

とっっっっても勉強になりました。
いわゆる現代音楽が多かったですが、
そこはドゥラングル氏の真骨頂。
ヒンデミット、サンジュレーも素晴らしかったし。

会場のローズ文化ホールって、
そんなに大きくない会場だったんですが、
本当に超、超、超満員でした。

…見渡してみると居るわ居るわ、関係者。
関西の学生、先生方はもちろん、
どうやら東京や名古屋からもいらしてたみたいで。
名古屋のヤマハ同期にも久々にお会いしてお話できました。

6月は演奏会月間。
結構な数の演奏会にお伺いする予定です。
しっかり勉強して演奏に生かさなあかんなー。

仕事も練習も頑張らねば。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。